どのように病気と付き合っていくか

うつ病ナビゲーター

Yahoo! JAPAN

どのように病気と付き合っていくか

うつ病ナビゲーターメイン

どのように病気と付き合っていくか

うつ病になってしまったら、回復に向けて治療を進めていかなければなりません。

医師の指示通り薬を飲み、ゆっくり休むことで症状はだんだん良くなってきますが、患者さん自身はどうしても早く治したい、早く仕事に復帰したいと焦る気持ちを持つようです。

うつ病とうまく付き合っていくことが大切で、焦ってはいけません。

【ゆっくり回復していくもの】

うつ病は、回復するまで時間がかかるものです。

インフルエンザのような感染症なら1週間程度で治ってしまいますが、うつ病はそういうわけにいきません。

ですから、患者さんのほとんどは早く治したい!と焦ってしまいます。

1週間後には治るというような状態が見えませんので焦る気持ちはわかります。

うつ病はゆっくり回復していくものなので、決して焦らないことです。

【治療中は大事な決断を下さない】

うつ病の治療中、患者さんたちはどうしても焦ってしまい、自分に自信を無くし、大事な決断を下してしまうことがあります。

例えばある主婦がうつ病の治療中、自分の代わりに家のことをすべてやってくれている夫がかなり疲れている。

これ以上負担になってはいけないと離婚を申し出たり、休職中のサラリーマンが上司と面談した時に、自分は会社には要らない存在なんだと思い、退職を申し出たりすることがあります。

人生を左右するような決断は、うつ病が治ってから考えれば良いことなのです。

【治療に専念する】

うつ病の治療中は自分に自信がなくなり、否定的になってしまいがちですが、徐々に病気は回復していきます。

周囲に気を遣い過ぎると良くなるものも良くなりません。

実際にうつ病が、回復すると部屋の様子も違ってきます。

▼関連記事はコチラ≫≫≫http://irorio.jp/sousuke/20160913/351090/

治療に入ったら治療に専念することが早く復帰する近道です。

うつ病が回復していく流れ

うつ病の治療を始めてから回復するまでの流れです。急性期、継続期、維持期というように回復していきます。

うつ病はどこで治療してもらうのか

うつ病の治療はどこでしてもらえるのかについてです。精神科、精神神経科、心療内科などがおすすめです。